お問い合わせ Tel.045-367-3570 神奈川県横浜市旭区笹野台1-1-37

笑顔でいられる毎日を
ご利用頂く全ての皆様に、健康的で幸せな日々を送っていただきたい。そのために私たちに出来ることを全力で行う。これがカワセ薬局のモットーです。

身近な健康相談ステーションとして、病院のお薬は勿論、健康食品・市販薬や検査結果などの相談、介護関連の相談など健康にまつわる様々なご質問・ご相談に対応しています。

お知らせ

※ おくすりの事前予約はこちら

  http://www.kawase-pharm.co.jp/shop/ 

  各店舗のおしらせをご利用ください。

 

 

 じめじめと暑い日が続いていますね。この時期に気をつけたいのが食中毒です。

 

食中毒の原因はウイルスや細菌など様々ですが、梅雨の時期から9月頃まで高温多湿の状態が続き細菌がもたらす食中毒が多く発生します。食中毒を招く細菌(腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ属菌、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌など)が増殖しても、食べ物の味や見た目は変わらず、匂いもしません。これからの季節はピクニックやバーベキューをする機会もあるかと思います。

 

食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」のほか、食中毒予防のポイントに注意し、楽しい季節を過ごしましょう!

 

【細菌性食中毒予防のポイント】
①細菌が増殖しないよう低温保存(10℃以下)に努める。
②抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りは特に注意する。
③食材にさわる前、さわった後は手をよく洗う。

 

【生肉や生魚を扱うときのポイント】
①生野菜などにはくっつけない。生肉を切った後の包丁やまな板は使用しない。
②食肉や内臓などは中心部までしっかり加熱する。
③生ものを扱ったトング、箸などは焼きあがった肉やサラダなどを食べるときは使わない。

 

【黄色ブドウ球菌食中毒予防のポイント】
①食材にさわる前、さわった後は手をよく洗う。
②切り傷など怪我をした手で食材をさわらない。※絆創膏をしている場合も同じです!
③おにぎりを握るときはラップまたはビニール手袋を使うことをお奨めします。

 

 一般的な食中毒菌は食品の“中心温度が75℃で1分間以上”となるように加熱すると死滅します。

しかし、黄色ブドウ球菌による食中毒は細菌の作り出す毒素によるもので、加熱しても無毒化されません。手に傷などがあると黄色ブドウ球菌が繁殖し、食品に付着する可能性が高くなります。

黄色ブドウ球菌による食中毒はおにぎりや練り物などが原因となることが多いため、細菌を「つけない」「増やさない」を徹底しましょう!