お問い合わせ Tel.045-367-3570 神奈川県横浜市旭区笹野台1-1-37

笑顔でいられる毎日を
ご利用頂く全ての皆様に、健康的で幸せな日々を送っていただきたい。そのために私たちに出来ることを全力で行う。これがカワセ薬局のモットーです。

身近な健康相談ステーションとして、病院のお薬は勿論、健康食品・市販薬や検査結果などの相談、介護関連の相談など健康にまつわる様々なご質問・ご相談に対応しています。

お知らせ

新規に「ふたつ橋店」をオープンしました。
詳細は店舗一覧をご覧ください。

http://www.kawase-pharm.co.jp/shop/ 

 

※ おくすりの事前予約はこちら

  http://www.kawase-pharm.co.jp/shop/ 

  各店舗のおしらせをご利用ください。

 

ゴールデンウイーク(4/28-5/6)の各店の営業日のお知らせ

本店 4/30・5/1

三ツ境店 5/2(17時まで)・5/6(17時まで)

南店 4/29

ひかりが丘店 4/30・5/1・5/2

ふたつ橋店 4/29・5/2

寿店・希望が丘店はお休みします。

 

4月に入り新しい年度を迎えました!新年度になり、友達や職場の人との外食が増えるのではないでしょうか。一般的に外食は、味付けが濃くカロリーや塩分が高くなったり、野菜が少なくビタミン・ミネラルが不足したりと栄養バランスが偏りがちになります。栄養バランスが偏ると体の不調をきたし、生活習慣病の原因にもなります。日頃から自身の栄養バランスをコントロールすることがとても大切です。

今回は、外食の注意点についてお話したいと思います。

※外食時に心がけること

1.丼ものや麺類などの1品ものではなく、定食のような複数品のものを選ぶ。

2.1品ものの場合は、サイドメニューで野菜を追加する。

3.大盛メニューは1食で800~1000kcalを超えるものもあるので、標準サイズのものを選

ぶ。

4.ラーメンとチャーハンのセットやうどんとおにぎりのセットなど炭水化物ばかりの組み合わせのものは控える。

5.飽和脂肪酸とトランス脂肪酸を少なくするために、油で揚げた食品は控えめにする。

6.パンやごはんは全粒粉や玄米に変える。

7.メニューに栄養成分表示やカロリー表示がある場合は、意識して見るようにする。

 

外食で摂取カロリーが過剰になった場合は、翌日からしっかりとカロリー調整をしましょう。食事回数は減らさずに、1日3食を基本として、1食当たりの摂取カロリーをそれぞれ減らして調整しましょう。食事回数を減らしてしまうと空腹状態が長く続き、食べ物を摂取したときに急激に血糖値が上昇します。急激に上昇した血糖値を下げるために体脂肪が合成されやすくなるので、きちんと時間を決めて1日3食食べるようにしましょう。

主食のご飯やパンなどを1/2の量に変えると3食で約250kcal減らすことができます。主菜(肉類・魚類・卵類・大豆など)は筋肉のもとになるタンパク質源なのでしっかり摂りましょう。副菜(野菜・きのこ・海藻・いも類など)はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で1日350g食べることが推奨されています。野菜たっぷりの具たくさんスープや味噌汁などの汁物は、かさが増し満腹感も感じさせてくれるのでおすすめです。

また、摂取カロリーを抑えるだけでなく、運動も組み合わせて消費カロリーを増やすとより効果的です!例えば早歩きを1時間行えば約250kcal(約おにぎり1つ分)を消費することができます。連日の外食は控えて、食事と運動の両方からしっかりコントロールしてみましょう。