お問い合わせ Tel.045-367-3570 神奈川県横浜市旭区笹野台1-1-37

笑顔でいられる毎日を
ご利用頂く全ての皆様に、健康的で幸せな日々を送っていただきたい。そのために私たちに出来ることを全力で行う。これがカワセ薬局のモットーです。

身近な健康相談ステーションとして、病院のお薬は勿論、健康食品・市販薬や検査結果などの相談、介護関連の相談など健康にまつわる様々なご質問・ご相談に対応しています。

お知らせ

※ おくすりの事前予約はこちら

  http://www.kawase-pharm.co.jp/shop/ 

  各店舗のおしらせをご利用ください。

 

10月は食品ロス削減月間、10月30日は食品ロス削減の日です。

 

『食品ロス』を知っていますか?食品ロスとは、まだ食べられるのに捨ててしまう食品のことです。

世界的にも食品ロス削減に取り組む段階にあり、日本でも令和1年10月1日に『食品ロスの削減の推進に関する法律』が施行されました。

食品ロスのうち約45%が家庭から出ています。自治体や事業者だけでなく、私たちひとりひとりが取り組んでいきましょう!

 

 

横浜市では『冷蔵庫10・30運動』と題し、毎月10日と30日に冷蔵庫の中をチェックすることを推進しています。賞味期限切れや、傷みやすい食品を捨てることにならないよう、冷蔵庫の中身をチェックする習慣をつけましょう。

 

次に家庭での食品ロスを減らすために、食材の活用法をご紹介します。

<冷蔵庫に余りがちな食材を使って>

 いろいろな食材が少しずつ余っている、手間のかかる料理はしたくない!

 ①豚汁にしましょう

  野菜を切って鍋に入れ、だし汁(または水)で煮込みます。豚肉や厚揚げなども加えれば旨みアップ♪みそは最後に加え、みそが溶けたら火を消します。

 ②カレーライスにしましょう

  鍋に一口大に切った肉(ちくわやウインナー、豆腐でも)野菜と水を入れ柔らかく煮込み、カレールウを溶かします。

 

<いつも捨てられがちな部分を使って>

 野菜の皮など、捨てられやすい部分には栄養がたっぷり!!

 ①大根や人参などの皮→金平にしましょう

  ごま油で炒めて、醤油やみりんで味付けし、最後にゴマをちらします。

 ②えのきの根本→えのきのステーキにしましょう

  石づきの部分を薄く切り落とし、根本2cmを1cmほどの輪切りにします。フライパンにバター(お好きな油)を熱し、両面をこんがり焼き火を通します。めんつゆや焼き肉のたれなどで味付けをします。

 

買い物時に手前から順番に買っていくこと、外食時に食べきれる分だけ注文することなども、食品ロスの削減につながります。できることから始め、「もったいない」を習慣づけるようにしましょう。