お問い合わせ Tel.045-367-3570 神奈川県横浜市旭区笹野台1-1-37

笑顔でいられる毎日を
ご利用頂く全ての皆様に、健康的で幸せな日々を送っていただきたい。そのために私たちに出来ることを全力で行う。これがカワセ薬局のモットーです。

身近な健康相談ステーションとして、病院のお薬は勿論、健康食品・市販薬や検査結果などの相談、介護関連の相談など健康にまつわる様々なご質問・ご相談に対応しています。

お知らせ

※ おくすりの事前予約はこちら

  http://www.kawase-pharm.co.jp/shop/ 

  各店舗のおしらせをご利用ください。

 

 皆さんは10月20日が何の日かご存知ですか?
 10月20日は世界骨粗鬆症デーです。世界骨粗鬆症デーは、「世界から骨粗鬆症による骨折をなくす」ことを目標に地球規模で展開しています。骨粗鬆症は閉経期以降の女性や高年齢の男性に多くみられますが、若い人でも栄養や運動不足、ステロイド剤(グルココルチコイド剤)などの影響でなることもあります。長年の生活習慣が原因となることが多いため、日ごろから予防を心がけましょう!
【骨粗鬆症を予防するためには】
①食事
 カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンKを多く含む食品をとることが大切です。カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄色野菜、海草などに多く含まれています。栄養に注意している人でも、カルシウムの摂取がどうしても不足してしまうのが現状です。
 そこで、いろいろな種類の食品をバランスよく、しっかり食べることを基本にして、そのうえでカルシウムの摂取を意識して行うことが必要です。最低限、毎日の食卓にあと200mgのカルシウム、目安として牛乳1本分、豆腐なら半丁を加えましょう!
②運動
 若いころ運動をあまりしなかった人や、長い間病気で寝込みがちだった人は、体格が華奢になり、骨が弱く、骨折しやすいと言われています。骨を丈夫にするためにはカルシウムなどをとることも必要ですが、それと同じくらい運動が大切になります。
 骨を強くするための運動は、重量挙げのような負荷の大きい運動ほど有効ですが、普通は散歩やゲートボールなどの趣味の範囲で十分です。家事で毎日動くことでも骨を強くできます。毎日楽しみながら続けましょう!
③日光浴
 ビタミンDはカルシウムの吸収をよくするために、骨をつくるうえで欠かせない成分ですが、食事からだけではなく、日光浴により皮膚でもつくられます。
 夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度は日に当たるようにしましょう。

 

 

 

 

・健康フェアのお知らせ

 カワセ薬局では三店舗で毎月健康フェアを行っております。体組成計という機械をご用意しており、この機械では体の筋肉量や脂肪量が部位ごとに詳しく測定することができます。結果をもとに薬剤師や管理栄養士が健康相談を行いますので、薬や健康のことでお悩みの方はぜひご参加ください。日程は下記の通りでございます。

10月10日 ふたつ橋店 9:30~17:00

10月17日 希望ヶ丘店 9:30~17:00

10月24日  本店   9:30~17:00